ペリオのメインテナンス力を上げる 歯科衛生士 山中

2016年10月31日カボデンタルシステムズジャパン(株)大阪ショールムで行われた加藤久子先生の講習会に参加させて頂きました。ペリオ、インプラントのメインテナンスを行なうにおいての術者が疲れない人間工学、感染予防、メインテナンス、着色除去についてのポイントのお話と歯石探知、インプラントに沈着した歯石をとるミニ実習を行いました。正しい姿勢で正しい器具、使い方によって効率よくメインテナンスを行えるようにもう一度見直して診療につなげて行きたいと思います。

兵庫ヘルス主催公演会:歯科衛生士 三輪

平成28年10月30日(日)千里ライフサイエンスセンターにて行われた兵庫ヘルス主催公演会に参加してきました。「ヘルスケアはチーム医療2 歯周治療と真剣に向き合うチームを作り上げるために」というテーマで、大西歯科と岡歯科医院の歯科衛生士のみなさんにそれぞれの医院での取り組みを症例発表をまじえながら分りやすくお話いただきました。私達歯科衛生士は毎日のようにSRPなどの歯周治療を行っていますが、何となく、流れ作業のようにしていないだろうか?その歯周基本治療は正確な検査と適切な技術でできているだろうか? できてるつもりになってないだろうか?歯科衛生士歴9年目になる私ですが、ドキッとさせられてしまいました。歯周治療が上手くいくかそうでないかは歯周基本治療治療が大きなカギを握っています。その成功例と失敗例を症例を目の当たりにして、自分の基本治療の認識の甘さを思い知らされました。日々の診療の忙しさを言い訳に、立ち止まり、振り返り問題や疑問に向かい合うことをおろそかにしてきたように思います。このような貴重な症例や、歯科衛生士歴2年目の方から30年の方まで幅広い方々のお話を聴く機会をいただきありがとうございました。

第35回日本小児歯科学会近畿地方会 三輪

平成28年10月16日(日)千里サイエンスセンターにて行われた日本小児歯科学会のし歯科衛生士セミナーに参加してきました。中野道代先生による『基礎から見直すう蝕の知識』,稲葉裕明先生による『基礎から見直す歯周疾患の知識』,久保庭雅恵先生による『基礎から見直す予防歯科の知識』というテーマでお話いただきました。う蝕は感染症であるということ。生まれた時は口腔内には虫歯菌であるミュータンス菌は存在しません。ではいつ感染するのか。3歳までに両親や家族など身近な人から、お箸やスプーンなどを介してミュータンス菌が伝ぱんし、スクロースによって定着する。なので、子供と接する家族の口腔内を清掃する、3歳までは砂糖を与えない(食事から十分糖質は摂取できる)というこを患者さんにも伝えて指導していくころが私達の役目だと再認識しました。歯科予防の観点からは、患者さんに自覚症状がない段階での介入でいかに情報収集し、リスクを見抜き、患者さんにアプローチしていくか、しっかり考えることが大切だと思いました。

患者さんの満足度をアップさせる施術 歯科衛生士:青山

平成28年10月9日にグランキューブ大阪で行われたデンタルショー2016に参加し、その中で行われた佐藤朱美さんによるセミナーを受けてきました。患者さんを満足度をアップさせる施術として歯肉マッサージの話をお聞きしました。
佐藤さんが勤務している歯科で行われている歯肉マッサージを動画で見せていただきました。歯肉マッサージは患者さんのリラクゼーション効果を高めて、また受けたいと感じてもらうことができます。また歯肉が活性化して健康な状態を保てるなど様々な効果があると教えていただきました。ゆったりと落ち着いた気持ちで、一つ一つの動作をなめらかに行い、圧の強弱をつけることで、患者さんによりリラックスした歯肉マッサージを受けてもらえると学びました。
一つ一つを丁寧に時間をかけて行うので取り入れるのは少し難しいかもしれませんが、患者さんを満足させる大事さを実感しました。少しずつできる範囲で取り入れていけたらいいなと思います。

摂食嚥下障害患者への口腔ケア 歯科衛生士:植木

9月4日日曜日、新大阪歯科衛生士専門学校で行われた、摂食嚥下障害患者への口腔ケアについての講演会に参加させて頂きました。
講師をしてくださったのは、大阪狭山市にあるさくら会病院に勤務されている歯科衛生士の小谷知江子さんです。
嚥下障害とはどのような場合に起こるのか、どのような理由で起こり得るのか、どのような対策を取るべきなのか。歯科衛生士が専門的口腔ケアを行うことによって、肺炎を約39%減少させる事が出来るそうです。実際、さくら会病院で病棟に歯科衛生士を配置してからの誤嚥性肺炎発生率は1~2%と、かなりの低い数値を保っているとのことでした。
患者さんの病態を知ること、理解するためには、口腔内のことだけでなく多岐に渡る知識が必要なのだと改めて感じました。とても刺激を受けた講演会でした。

磨きたくなるTBIセミナー: 歯科衛生士森田

平成28年9月4日(日)井上和先生によるTBIセミナーに参加しました。

患者さんに同じTBIをしてもプラークが減らず同じ状態なのは、興味を持ってもらえてないからであり、興味を持ってもらうように患者さんの現状を説明することが大切だと学びました。優しく説明することも大切だけれど、時にははっきりと事実を伝えること(重度の歯周病だ、このままでは良くないなど)が必要だと思いました。
フッ素の重要性も再確認できました。

後半の実習では井上和先生オススメの歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシとそうでない商品との比較を実際に自分で体験しました。院内で販売するものに関しては患者さんは専門家が選んだ物だと考えられてるので、私たちが実際に使ってみて勧めるべきだと思いました。

最後にはタイプ分け診断(コントローラー、プロモーター、サポーター、アナライザーの4タイプに分ける)で自分がどのようなタイプに属するのか、どのタイプの患者さんにはどう接してみるのがいいのかということを知りました。

井上和先生のお話は楽しくて
今回のセミナーに
参加できてよかったと思いました。

DNAチェアーサイドソリューション 歯科衛生士:山中

9月4日日曜日、大阪国際交流センターで行われた株式会社ヨシダ主催のDNA特別講演会に参加させて頂きました。チェアーサイドから始まるコミュニケーション創りをテーマにした講演会でした。糖尿病内科医の西田亙先生によるリコール率アップに役立つ医療面接学のお話。歯科衛生士の土屋和子先生による得意な患者さんvs苦手な患者さんと言うテーマでの苦手な患者さんを満たせるようなコミュニケーションのお話。みらいクリニック・フットケアセンター長の湯浅慶朗先生による足ゆびから始める姿勢へのアプローチで足指のマッサージ法を教えて頂きました。午後からは大阪大学大学院・歯学研究科長の天野敦雄先生による歯周病、歯周炎についてのお話。メンタリストDaiGoさんの本音を見抜く観察技術のコツを教えてきただきました。様々な分野の5人の先生のお話が聞けすぐに実践できるテクニックや考え方など学ぶことができました。今日学んだ事を診療に生かしていこうと思います。

明日からのインプラント治療に活かせる! 歯科衛生士:青山

平成28年8月28日に大阪研修センター江坂で行われたインプラント治療についての講習会に参加しました。
インプラント治療において歯科衛生士の役割はたくさんあると改めて学びました。術前、術中、術後それぞれに歯科衛生士はとても深く関わります。患者さんが安心してインプラント治療を受けれるように、患者さんがしっかり理解できるように、患者さんのインプラントを長く保つために、私達の発言や行動が大きく影響することを実感しました。
そして感染についても学びました。スタンダードプレコーションや洗浄、消毒、滅菌の定義をよく理解した上で施術しなければなりません。今回の講習では滅菌ガウンの着用、滅菌グローブの着用も体験しました。久々の着用でしたが着方付け方覚えていることに安心しました。これからも清潔域不潔域を意識していきたいです。
今回学んだことを活かし、歯科衛生士にできることをしっかり成し遂げ、患者さんのインプラントを長く保てるようにアプローチしていこうと思います。image

初期治療とメインテナンスでの歯科衛生士のスケーリング操作とTBIの違い

平成28年7月24日に加藤久子先生による初期治療とメインテナンスでの歯科衛生士のスケーリング操作とTBIの違いについての講習会に参加させていただきました。場所は本町駅近くのサンライズビルで行われました。

スケーリングを担当させていただく患者さんも少しずつではありますが増えてきて、リコールで来られている方、回数を分けてSRPをさせていただいてる方、それぞれの人たちに合ったTBIをどのようにしていけばいいのかを学ぶことができました。

超音波スケーラーのチップの選択方法や、歯間ブラシ、フロスを用いることでプラーク除去率がどれくらい上がるかなども教えていただきました。

今回の講習会で学んだことを活かして、患者さんに自信の口腔内にもっと関心を持ってもらえるようにお話しできたらいいなと思いました。

ユニクロ流!歯科接遇セミナー 歯科衛生士 山中

平成28年7月24日に中央区のサンライズビルで行われた、久保佳世子先生によるユニクロ流!地域でサービスNo.1になる!歯科接遇セミナーに参加させていただきました。
電話対応、患者様の誘導、服装・身だしなみなどのお話。不満患者様を作らない確実に満足させる接遇・マナーのお話でした。
特に電話対応では顔や表情が見えないので言葉の使い方・速度・声のトーンなどで印象が決まるので難しいなと思いました。
教えて頂いたことを日々の診療で活かしていこうと思います。