カテゴリー別アーカイブ: 未分類

インプラント周囲病変完全マスター 歯科衛生士:増田

2017年5月21日、グランフロントにて大月基弘Dr.とDH横谷亜希子さんによる長期に渡りインプラントを機能させるために重要な7つのこと〜というセミナーに参加させて頂きました。
インプラントは入れて終わりではなく、その後のメインテナンスを受けるか受けないかで、インプラントの寿命が大きく変わってきます。
メインテナンスの内容ももちろん大事ですが、まずメインテナンスの重要性を患者様に理解して頂き、正しくホームケアして頂けるように、衛生士である私達がきちんと患者様にお伝えすることが大切であることを再認識しました。
患者様のその時の状況に応じたメインテナンス、口腔衛生指導を確実に行えるよう、今後も勉強し、臨床に生かしていきたいです。

接遇マナーおよび歯科衛生士の実技研修:歯科衛生士 吉田

2017年5月14日(日)M&Dホールで行われた、接遇マナーおよび歯科衛生士の実技研修に参加してきました。
前半は、水原道子先生の接遇マナーについての講習を受けました。接遇の心構え、言葉遣い、電話対応やクレーム対応について、水原先生の実体験を踏まえながら説明していただきました。実際に対応方法を体験できたので、とてもわかりやすく楽しく学ぶ事ができました。
後半は、増田宏美先生の歯科衛生士の実技研修で、ブラッシング法と補助清掃用具等の説明を受けました。それを踏まえて、実際に相互実習で口腔内を染め出しして、いろいろな種類の歯ブラシ等を使って実習しました。実際に自分でいろいろな種類の歯ブラシの柔らかさ、磨きやすさなどを体験でき、患者様に合った歯ブラシを選択する範囲を広げることができました。
今日学んだことをこれからの診療で活かしていきたいです。

CAMBRA定期管理予防セミナー:歯科衛生士:三輪

2017年5月14日、中之島セントラルタワーにて行われた、CAMBRA定期管理予防セミナーに参加しました。CAMBRAとは「Caries Management By Risk Assessment ~リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防方です。う蝕は「う蝕を誘発する疾患指標とリスク因子からなる病変因子」と「う蝕を遠ざける防御因子」の2つのバランスによって発生。過去のう蝕経験や唾液量等から個々のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げるための処置がプログラム化されています。う蝕ができたから治療する、ではなく、何故このう蝕ができたのか、何が原因か、現在の口腔状態、生活環境から将来のカリエスリスクはどうなるのか、患者さんにしっかり伝え、検査や口腔内写真などデータを残し予防ていくことが大事だと思いました。この分野は私達歯科衛生士の役割がかなり多くを占めています。予防によって健康な患者さんを増やしていけるよう明日からできることを1つずつでも取り入れていきたいと思います。

咬耗・摩耗・酸蝕明日から歯をみる目が変わる 歯科衛生士:植木

平成29年4月9日日曜日、堺市産業振興センターで行われた、井上和先生によるTooth wearの話についての講演会に参加してきました。
普段何気なく飲んだり食べたりしている食品の中にも酸性度が強いものがあり、気付かぬうちに歯が酸の影響を受けていることがあります。酸性の食品についてのリストを、当医院の各診療チェアーと待合室に置かせて頂いているので、良ければ一度ご覧になってみてください。意外な食品が、歯に影響を及ぼしているかもしれません。
ただ一概に酸性の食品全てが悪いわけではなく、唾液の緩衝作用が弱かったり摂取の頻度であったり、様々な要因が重なって起こることがほとんどです。
それらの原因を患者さんに寄り添う形で突き止め、改善していけるよう、今後も衛生士として精進していきたいと思います。

歯科衛生士プログラム 歯科衛生士:青山

平成29年3月20日に歯科衛生士育成プログラムの最終日のコースを受けてきました。
メインテナンスの長期症例についてたくさん症例を見せていただきました。長期間同じ患者さんを見ていくことで変化にすぐ気付くことができること、患者さんとの距離も縮めていけることを改めて学びました。またSRPの評価とプロフェッショナル衛生士についてもお話していただき、衛生士としてSRPを行なってそれをしっかり評価し治癒へ導けるように努力していこうと思います。1つ1つ丁寧に行い日々成長しプロフェッショナル衛生士に近づけるようにしていきたいです。

1day集中ホワイトニングセミナー 歯科衛生士:植木

3月5日日曜日、名古屋で行われたティオンホワイトニングセミナーに参加してきました。
セミナーではホワイトニング薬剤の効果について詳しく知ることが出来、手順についても、顎模型を用いて実際にデモンストレーションを行って下さり、とても分かりやすく説明して頂きました。
患者さんのホワイトニングに対する不安や疑問を解決出来る様、今後も様々な情報を学んで行きたいと思います。

院長が全信頼をゆだねてしまう歯科衛生士の魅力 歯科衛生士:青山

平成29年2月26日に行われた講習に参加してきました。この講習は話を聞くと言うより参加する形の講習でした。患者さんを迎え入れる表情、患者さんの話をどういう風に聞いてるかなど実際にペアになり体験しつつ学ぶことができました。私達歯科衛生士が院長から信頼される歯科衛生士になるためには、患者さんのことをよく考えることができる歯科衛生士でなければなりません。そのためにも相手のことをよく考えること、表情を意識するなど1つ1つの行動を改めていこうと思いました。素敵な歯科衛生士になれるようこれからも努力していきたいです。

喀痰吸引 歯科衛生士:青山

平成29年2月5日に行われた摂食嚥下関連での喀痰吸引についての講習を受けてきました。
口腔ケアについて学生時代に習ったことを復習した上で、パワースマイルという吸引機器とマナボットという模型を用いての実習を行いました。マナボットで位置ややり方を確認した後は自分達の口腔内でも実際に体験しました。痂皮と似たような状態を口腔内で作り、スポンジブラシである程度除去した後、パワースマイルとカテーテルを繋いで吸引を行いました。慣れるまではなかなか上手く吸えず、奥の方まで入れるとどれぐらいなのか、また患者側になってみてどのぐらいしんどいのかなど貴重な体験ができました。一緒に参加した方の中には往診経験がかなりある方もいて実際のお話など普段聞くことのできない話が聞けて勉強になりました。診療所勤務では経験できないことが多く貴重な体験と共に勉強になりました。普段での診療にも活かせることがあれば活かしていきたいです。

筋の機能・生理からひもとくお口の健康づくり 歯科衛生士:植木

11月13日(日)ブリーゼプラザで行われた、タケウチ歯科に勤務されている歯科衛生士の姫のかつよさんの講習に参加させて頂きました。
まずは閉口筋の成り立ちと動きについて、筋の名称と働きを交えての詳しい解説がありました。学生時代に学んだ口腔解剖学の内容なのですが、いざ改めて復習すると忘れている知識が多くて反省させられました。
歯と噛みしめの関係について、顎関節症における顎運動指導の基本についてなど、毎日の診療に役立てられる情報を沢山教えて頂きました。この経験を活かしていきたいと思います。

明日からできる口臭無臭化セミナー:歯科助手西尾

H28年11月13日(日)ホテルマイステイズ新大阪コンファレンスセンターにて行われた『明日からできる口臭無臭化セミナー』に参加してきました。
医療法人ほんだ歯科の本田俊一先生の口臭外来では、口臭そのものをなくし口臭で悩む人の個々の症状に応じた専門的な診察、治療を行っています。

口臭症は生理的口臭(起床時、空腹時、緊張時、月経時など)と病的口臭(歯周炎、副鼻腔炎、咽頭の炎症など)大きく2つに分けられます。
口臭外来を受診される患者さんの8割は通常会話の距離では口臭を感じない生理的口臭の人だそうです。
口臭外来で使われている口腔、呼気、鼻腔ガスの臭いの強さを別々に測り分けれる口臭ガス検知器や唾液臭を再現できる唾液測定システムも見ることが出来ました。

口臭外来を受診して患者さんが不安に思っていたことがなくなり、自信をもって人と話せる様になり本当によかったと思いました。