PMTCから口腔ケアを通して医院の総合力を磨く:三輪

平成29年10月29日(日)マイドーム大阪にて、内山茂先生による講演を聞いてきました。歯周病の改善、病状安定には歯肉縁下はもちろん、歯肉縁上プラークのコントロールがいかに重要か再確認しました。歯肉縁上プラーク、バイオフィルムを徹底的に除去することで歯肉縁下プラークの組成が変わり、歯肉の炎症をおさえることもできます。それには、私達歯科衛生士が行うプロケアと、患者さんが行うセルフケアで初めて効果が上がります。プロケアの仕方や方法など新しいものを取り入れたり、患者さんへのブラッシング指導に力を入れて今後も患者さんの健康に関わっていこうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)