院長が全信頼をゆだねてしまう歯科衛生士の魅力 歯科衛生士:青山

平成29年2月26日に行われた講習に参加してきました。この講習は話を聞くと言うより参加する形の講習でした。患者さんを迎え入れる表情、患者さんの話をどういう風に聞いてるかなど実際にペアになり体験しつつ学ぶことができました。私達歯科衛生士が院長から信頼される歯科衛生士になるためには、患者さんのことをよく考えることができる歯科衛生士でなければなりません。そのためにも相手のことをよく考えること、表情を意識するなど1つ1つの行動を改めていこうと思いました。素敵な歯科衛生士になれるようこれからも努力していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です