月別アーカイブ: 2016年5月

レントゲンの読み方セミナー:歯科衛生士 青山

平成28年5月29日に千里ライフサイエンスセンターで行われたレントゲンの読み方セミナーの講習に参加しました。
レントゲンを撮影することで咬合性外傷、歯周病の程度、骨吸収、歯石、カリエスなど様々なことを読み取ることができます。それがレントゲンで読み取れる場合どのように写ってくるのかを学びました。また、レントゲン初見のポイントは歯根膜腔、固有歯槽骨(歯槽硬線)、歯槽突起の3つとのことでした。もちろんレントゲンだけでは判断できない部分はありますが、レントゲンでもだいたいの予測がつきます。レントゲンを上手く読み取ることが大切だと改めて実感しました。これから先も臨床においてレントゲンはたくさん撮影していくと思いますが、今回学んだポイントを意識して一つ一つをしっかり読み取って対応していこうと思います。

カリオロジーダイジェスト応用編:歯科衛生士 青山

平成28年5月15日に千里サイエンスセンターで行われたカリオロジーダイジェスト応用編に参加しました。この講習は夏に1度行われていたみたいなのですが、もう一度してほしいとの声が多く応用編として今回行うことになったそうです。
2人の講師の方からそれぞれカリオロジーについて学びました。黒っぽいのはどれがう蝕か?治療か経過観察かの見極めは?について考え、う蝕の原因と予防方法、う蝕の診査、フッ化物の効果などう蝕について様々なことを学びました。実際に症例をいくつか出してくださったので、日々の臨床の中でう蝕の見極めが難しい時もあり、とても参考になりました。また、う蝕予防としてフッ化物が有効であることを再認識したのでこれからも正しい知識を身につけ理解した上でフッ化物を取り扱っていきたいと思いました。
う蝕の判断というDr.向けの内容もあり難しかったですが、とても参考になりました。衛生士としてこれからもう蝕予防をしっかり行っていきたいです。

チームで取り組む小児歯科レベルアップセミナー 三輪

平成28年5月15日(日)神戸国際会館にて、ハローこども歯科院長岨卓与先生による「チームで取り組む小児歯科レベルアップセミナー」に参加してきました。小学入学前の5歳までのこどもを99%の確率で時間通りに泣かさず子供をにるために必要なことを中心にお話しいただきました。こども対応の基本8原則、年齢ごとの注目すべきポイント、治療が上手に受けられるためのトレーニング方法など、当院も子供の患者さんが多いため、大変参考になりました。取り入れられるところから始めていきたいと思います。

O歯科見学:歯科衛生士 青山

平成28年4月15日O歯科へ見学に行きました。歯科育成プログラムの歯周組織検査の相互実習をするため行かせていただいたのですが、O歯科院長のご好意で見学もさせていただきました。
こういった他の医院の見学は初めてだったので当医院と同じところ違うところを実際に見て学ぶことができてとても新鮮でした。
チェアー周りに様々な内容のカラフルな掲示物がたくさんあり、相互実習でチェアーに座った際はついつい目がいって読んでしまうほどでした。患者さんの目がいくような掲示物の工夫をされているんだと実感しました。
他にも見学する中で良い点がたくさんあり、勉強になりました。当医院がさらに良くなるように、患者さんにわかりやすい説明ができるように、良いところはたくさん吸収していけたらなと思います。とても貴重な体験ができました。
O歯科のみなさんありがとうございました。