大阪マラソン

平成29年11月26日朝5時に起床して会場に向かいました。フルマラソンは、2回走っていますが、大阪マラソンは初めてです。電車の中はスポーツウェアを着てICチップを付けたランニングシューズをはいたランナーがいっぱいいました。7時前に大阪城公園駅に到着。トイレに並んでいるとの噂を聞いたので、早速トイレに直行。しかし大行列!30分並んでやっと入れました。その後荷物を預けて、スタート地点のKゾーンへ。スタートの1時間前に着いたので、体が冷えました。(これが後から響きました)9時に号砲が鳴りスタート!でも全然進みません。16分経ってやっとスタート地点に到着。ここからは流れが良くなり、走ることができました。大阪のど真ん中、沿道には多くの観客、自然と走るペースが速くなります。1km6分30秒のペースの予定が6分ペース。でも全然しんどくないんですね~。早くもランナーズハイ状態でした。スタートから約30分後、後半のために鎮痛剤を飲もうとしたのですが(本当は飲んではダメです)、道路に落としてどこかに転がってしまいました。「あっ、どうしょう?」と思いましたが、そのまま走行。1時間ぐらいして、体が冷えた影響かトイレに行きたくなりました。約1km毎に設置されている仮設トイレを見ると50人ぐらい並んでいます。「これはアカン」トイレを我慢して走り続けました。御堂筋を走るのは最高でした。しかし、25km地点から急に足が痛くなりました。ここから地獄の始まりです。1kmラッブがガタ落ちで1km走るのに気が遠くなるほどの時間がかかりました。「信号2つ走ったら少し歩こう」と自分に言い聞かせ、何とかゴール。4時間台で走る予定が、5時間8分。完走メダル・タオル・食事の小さいアンパンをもらい帰路へ。しかし、コスモスクエア駅までが大渋滞。雨も降ってきて、「あ~もうフルマラソンは止めよう」と自分に言い聞かせて帰りました。帰ったら爆睡。途中トイレに起きようと思ったのですが、筋肉痛で起き上がれません。翌朝は階段も下りることができません。やはりフルマラソンは過酷です。4日たって筋肉痛が治ってきました。「またフルマラソン走ろうかな~」と思う懲りない自分がいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)