セミナー

平成29年6月11日 ロッキーマウンテンモリタのセミナー「ムーシールドの臨床応用」柳澤宗光先生の講演を聞きました。乳児期の機能性咬合装置として数症例使った経験はあるのですが、その臨床範囲を詳しくするために受講しました。やはり発明者の講演は奥が深く、様々な症例に応用ができる事が分かりました。特に骨格性下顎前突症についてですが、将来外科と決めつけないで、症例を選べばムーシールドを応用し外科を回避できるかもしれません。今日からの乳幼児の咬合診断が少し変わりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)